様式9Excel表は、病院の入院料の届出と
日常管理に不可欠です。

「入院基本料」と「特定入院料」の施設基準の届出や日常管理には、厚生労働省が通知で示した「様式9」を使用します。しかし、「様式9」は、患者数や看護職員の勤務状況等の情報をもとに1枚の様式の中で最大19項目もの計算を行って管理をしなくてはならず、管理ミス発生の温床となっています。
このため全国保険医団体連合会では、「NTTデータセキスイシステムズ」と協力して、「様式9自動計算機能付Excel表」(以下、「様式9Excel表」)を作成し、2014年3月31日より保団連ホームページで無料公開しています。
病院の管理の一助にご活用ください。

  • 病院が自院の管理のために活用される場合は、利用料・手数料などの費用請求は発生しません。これ以外の目的での利用や再配布、二次利用などは許可していません。
  • 利用にあたっては「利用の手引」「FAQ」に沿ってご利用ください。
  • セルの追加・削除を行うと、計算結果が正しく反映されないことがあります。
  • 当ページをご利用の際は、随時更新(ブラウザの更新ボタン)を行った上での閲覧をお願いいたします。
20223年1月18日

急性期一般入院料1の経過措置期間終了に当たっての届出直しについて
厚生労働省保険局医療課は2022年(令和4年)12月7日、事務連絡「令和4年度診療報酬改定において経過措置を設けた施設基準の取扱いについて」を発出しました。
 当該事務連絡では、2022年度(令和4年度)診療報酬改定による経過措置期間が終了することにより、急性期一般入院料1(200床以上400床未満の病院の病棟で、重症度、医療・看護必要度Ⅰを用いている場合)の重症度、医療・看護必要度の施設基準について、当該入院料を引き続き算定する場合に、2023年(令和5年)1月18日までに忘れず届出直しするよう注意喚起しています。

2022年10月28日

「様式9作成セミナー」開催のご案内
様式9Excel開発元のNTTデータセキスイシステムズ主催による「様式9作成セミナー」が2022年11月15日(火)に開催されます。
基本的な作成方法から日々の管理まで、様式9に関する内容を全般的にご確認いただく機会として是非ご活用ください。
詳しくはこちら[PDF:961KB]